新しい仲介の形

リビング

賃貸物件を借りる時に使うのが不動産屋さんです。この不動産屋さんは物件をお客さんに紹介して、その物件をお客さんが納得して契約してもらうことができれば、そこで契約が成立して、賃貸物件の決まりになっている家賃の一か月分の仲介手数料をお客さんからもらう形が普通です。 たいていは仲介手数料が家賃の一か月分です。ただ、内容によっては仲介手数料無料となっている物件もあるのです。これであれば、手数料は0円です。新しい賃貸物件での生活にはそれなりに色々とお金がかかりますので、そういった意味で仲介手数料無料物件はとても便利な物件と言えるでしょう。 仲介手数料無料物件はインターネットの不動産屋さんのホームページで確認可能です。

今では仲介手数料無料物件がありますが、昔はどうだったでしょう。昔の場合でも、物件によっては色々な条件があり、敷金と礼金が0というものもありましたし、敷金と礼金はそれぞれ2か月分というものもあり、これは今の時代でも同様です。 一般的によく言われているのが、敷金と礼金が多い設定になっていればいるほど、物件そのものの価値は高いということです。これはいつの時代でも同様と言えるでしょう。 ただ、今と昔で大きくかわってきたのが仲介手数料です。当時はどのような物件であっても、仲介手数料は家賃の一か月分は当たり前だったわけです。しかし、今は仲介手数料無料もあるように、色々な物件があるので懐具合と相談して決めるのが良いです。