払えなくなるとき

リビング

戦後長く続いた「不動産神話」は崩壊し、不動産の価格が大きく担保割れすることで金融機関は多くの不良債権を抱えることになりました。そのような金融機関を支援する制度として任意売却が広く利用されるようになりました。 任意売却は、金融機関だけでなく、住宅ローンが払えなくなった債務者にとってもメリットが大きい制度です。具体的には、ほぼ市場価格で物件を売却できること、任意売却の手数料は成功報酬なので手持ち金がゼロでも行なえること、近所に知られることなく売却できること、売却後なお借金が残っても無理なく分割払いができることなどのメリットがあります。交渉によって、引越し代金を手元に残せたり、理解のある資本家に買ってもらえれば売却後もその家に住み続けられる可能性もあります。 このように、競売に比べてメリットの大きい任意売却ですが、手続きが煩雑であること、100%成功するとは限らないことなどのデメリットもあります。このようなデメリットは、経験豊富で信頼のおける任意売却専門業者に依頼することでかなり軽減できます。

任意売却のメリットは、物件が市場価格に近い値段で売れること、物件売却後になお借金が残っても分割払いで無理のない返済プランを立てられること、近所に知られることがないこと、さらに交渉次第では引越し価格が手元に残せることなどです。 競売では物件は市場価格の5割から7割ほどで売り叩かれてしまう上、その他の任意売却のメリットも得られません。このように、任意売却は競売に比べてはるかにメリットのほうが大きいので、現在では住宅ローンが払えなくなった時にとる方法としてよく利用されます。 任意売却は手続きが複雑で面倒なイメージがありますが、任意売却専門業者などに依頼することでその面倒な手続きからは開放されます。不動産会社や弁護士に依頼してもよいですが、任意売却に長けた任意売却専門業者に依頼するのがお勧めです。 任意売却は、そもそもバブル崩壊やリーマンショックなどの影響で大量の不動産不良債権を抱えるようになった金融機関を支援する法律の一環としての制度なので、債権者である金融機関にもメリットが大きいものです。